ごあいさつ

​企業研修とワークショップの現場を行ったり来たりするようになり、

早くも10年近い月日が経とうとしています。

当初は、それぞれの場の特性を持ち込んで

相乗効果を出そうと躍起になっていたものですが、

今は、それぞれの場を区分けする感覚自体が無くなりました。

集まる方々の背景・文脈・目的・年齢が違っても

人が集まる場において、私が何を信じどう振る舞うか

については変わらないのかもしれない、と、

思うようになってきたからです。

もちろん、必要な技術は全く違なりますが、

相手をしっかりと見る、知る、受け止める、

それぞれのあり方を尊重する、

その上で、最適な場への関わり方へ誘うという

背骨の部分は何ら変わらないと思えるようになったのです。

書いてみると、あまりにも当たり前のことなのですが、

私がこの仕事を続けているのも、

その奥深さに魅了されているからなのだと思います。

つまり、自分も含めた人の可能性に

魅せられたり、失望したりしているということなのでは

ないかと思うのです。

意図通りに場を動かすことを目的にするのではなく、

自分の意図などはるかに越えた人の力の素晴らしさに

いつも感動出来る自分でありたいと思っています。

一緒にお仕事ができる日を楽しみに致しております!

ブログ:http://ameblo.jp/hricozy/

© 2017 by JUNKO KOJIMA
Proudly created with
Wix.com
 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now